「あと1人資格者が雇えれば、クラスの受け入れ人数が増やせるのに…」

と多くの園長・施設長が頭を悩ませています。

そんな状況で、保育士は引く手数多で就職転職は比較的容易という、現代において稀有な職業と言えます。

だからと言って、目の前の求人に飛びついてしまうと、せっかくの実力を生かせず健全な労働環境が得られないのでは本末転倒です。

1人では自分の希望とマッチングさせるのは難しいですから、転職サイトを上手に利用しましょう。

転職サイトとしてはメジャーで老舗のマイナビが運営するマイナビ保育士。信頼性や他のサイトとの違いなど、どんなサイトなのかご紹介します。

マイナビ保育士の特徴

CMや広告で目にすることが多い大手求人サイトのマイナビ。

マイナビ新卒やマイナビ転職といった人材関連ビジネスを40年近く展開しています。

そのマイナビが運営する保育士に特化したサイトが、マイナビ保育士です。

厚生労働省が認可を受けた転職・就職支援サービスを提供しています。

つまり、職業安定法で「職業紹介」として定義された求人者と求職者の間において雇用関係の成立を斡旋する役割を担っているのです。

求人または求職の情報だけを載せているだけの「情報提供」サイトとは違い、キャリアコンサルタントがそれぞれの希望に合った就職が成立するようにマッチングします。

東京、神奈川、千葉、埼玉が対象地区なので、首都圏での求人や求職にぴったりです。

2016年4月現在2700件以上の情報が提供されており、非公開求人も多く取り扱っています

正社員、契約社員、非常勤・パート、その他就労形態で探すことが出来ます。

マイナビ保育士のメリット

255456

何より運営母体が大手企業ということに信頼がおけます。

あわせて長年経験をもとに培ってきた就職・転職のノウハウが生かされ、検索条件が多岐に渡っています。

例えば、認証・認定保育園(自治体の認定を受けている)、家に近い、駅に近い、アットホームな雰囲気などの条件でも探すことが出来るのです。

就労の条件は、自分らしく働くためにはとても大事なポイントですね。

でも、条件で選んだからといって、自分が思い描いている職場かどうかはわかりませんよね。

そこで頼りになるのが、キャリアコンサルタントの存在です。

求人の質にこだわっているというマイナビ保育士の持っている情報は、職場の雰囲気や園長のお人柄、実際の離職率などの痒い所に手が届くディープなものもあります。

自分が働きたい職場であるかどうか、また働き方はどうかなどを、キャリアコンサルタントに相談することができるのは安心です。

マイナビ保育士のデメリット

サイトを利用するにあたって、基本情報の登録が必要です。

個人情報(氏名、フリガナ、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、資格(保育士・保育士資格取得見込))の情報が必須になります。

マッチングをサポートしてもらうのですから、もちろん必要な情報なので登録するのは当然です。

ですが、他の情報提供サイトのように、どんな情報があるのかしら?と試しに見てみることはできません。

内容もわからないのに、やたらに個人情報を登録したくないと思ってしまうと、少し敷居が高く感じられるかもしれません。

また、提供される情報が首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)に限られているので、それ以外を希望するとなると、利用が難しくなってしまいます。

しかし、それ以外のデメリットはほとんどありません。

マイナビ保育士の口コミ

ネット上での口コミは、おおむね高評価のようです。

もちろん、色々な状況、感じ方があるので評価が低い場合もあります。

『サポートを受けて希望の保育園に内定した。キャリアコンサルタントの方は話しやすく丁寧な対応だった(30代女性)』

 

『大型連休に登録したが、対応が早かった。面接の日取りも希望日が叶い、面接での質問内容や回答のアドバイスも貰えた(40代女性)』

 

 

『知名度が高く期待していたが、正直期待はずれだった。意外に何もしてくれない(25歳女性)』

 

対応の早さは情報を扱う職種として重要ですね。

また、いくら的確に情報を提供してくれたとしても、話しやすくないと上手くいくものも難しくなってしまうこともあります。

話しやすいという評価は大事なポイントですね。

中には

『担当のキャリアコンサルタントが保育士の有資格者で、保育あるあるネタで大爆笑した(30代女性)』

と、事務的なやりとりだけでなく、日常的な会話も出来てより信頼関係を結んだという方もいました。

これらの口コミはあくまでも、ネット上での口コミです。

口コミは口コミなので、自分で体験しないとわからないこともあります

口コミだけでの判断は本当に危険です。

マイナビ保育士はすべて、無料で使うことができるので、まずは自分で使ってみるのが1番です。

>>マイナビ保育士の詳しい情報はこちら

まとめ

やはり大手の貫禄といった雰囲気ですね。

ちょっと様子見という段階ではなく、真剣に仕事を探している方にうってつけの求人サイトと言えます。

「仕事に就けたらもうけもん」という考え方も悪くないですが、より長いスパンで将来を考えて、自分がどのように仕事をしていきたいか?

というハッキリとしたビジョンを持って登録をしてみると充実できるようです。

児童がたくさんいる大きな保育園で、たくさんの子供たちと触れ合いたい。それとも、小規模な施設でじっくりと子供たちと向き合いたい…色々な考え方がありますよね。

もし前の職場でトラブルがあってやめてしまったので、働き方のビジョンが浮かばないという方も、キャリアコンサルタントに正直に相談することで、見えてくる何かがあるかもしれませんから、利用する価値はあるでしょう。

口コミ出典/転職活動の歩き方(tensyoku walk.com)、Rankuroo(Rankuroo.jp)