あなたは何故転職をするのでしょうか?

保育士が転職を考慮した時、何の為に転職をするのか今一度じっくりと考慮する事が大事です。

給料、人間関係、残業、などと、理由は様々あると思います。

けれど、もっぱら不服があるから転職するという事では不成功に終わるポテンシャルは大変濃厚です。

暗礁に乗りり上げる転職とはなにか?

また成果を得られる転職とは何なのかを知る事で良い転職にしていく事が大事です。

悪い転職について

今日の仕事場では様々な不服があるという訳合いで転職を考慮する人は半数以上だと思います。

保育士は現実体力勝負ですし、正規の社員の場合残業と勤め口の両方が多く、月給も安いという状態の園も未だ多いのが保育業界の現況です。

格段、保育士は幼少の頃からの憧憬として就労する人が多く、リアリティとドリームの隔たりに苦悩して辞める人が多いのです。

当然、現状に 醍醐味を味わえる人はたいていいませんが、不服が募って転職する場際、多くの保育士の場合、転職癖がつき、簡単には上手く行かないようです。

たとえめでたく雇用されたとしてもまたすぐに不服が出た途端、その場で転職を考えてしまうという悪癖がついてしまいます。

これでは、せっかく転職をしても意味がなくなってしまいます。

もしかして、転職に失敗している人はすでに、転職癖がついている可能性があります。

転職癖のポイント

転職癖がつくと、

  • フラストレーションが出てくる
  • 現在のチャイルドケアの職場の保育園を辞職したくなる
  • 転職を重ねて行く毎に年だけとって行き、その際、条件がグングンと過酷になって行くという負の連鎖に嵌まり込む
  • 中々雇用されずに「もうどこでもいいから」「悪条件だけどこのさい仕方がない」という訳合いで職場を変更し不服が募るという状態になる

ランクアップに結びつかないので報酬もアップせずに年齢だけ重ねて行くという状態だけは回避しましょう。

世の中のニーズはとても多いのでエクスペリエンスのある保育士は新しい勤め先に困りませんが、転職癖がついたら一大事です。

環境をチェンジするのみでは良い転職にはなりません。

極力良い条件で転職をという転職に関する理念をよく理解した上で「何の為に転職をするのか?」という自分の主張がないと中々良い転職には結びつかないので、きちんとと考慮する事が大事です。

勿論、転職が悪いということはありません。

ただし、意味のない転職をするということが悪いということです。

せっかく転職をするために、使った時間などが無駄になってしまいます。

そうならないためにも、転職癖が付かないように注意するようにしてください。