今の保育園の主任や、園長が気に入らないから。他の保育園に転職したい」

「ハローワークなどを試したが、思ったような転職先が見当たらない

「保育士以外の転職も考えたが、やっぱり子どもが好きでやりがいがあるので、保育士への転職を考えている

「保育士の転職サイトはたくさんあるけど、正直どこを選んでいいかわからない

など新たな保育園に、転職をしたいと考えている方の理由は様々です。

しかし、なんといっても転職したいと考える一番の理由は、

今の保育園に不満があるから転職をしたい

という理由が一番ではないでしょうか?

もちろん、給料が安かったり、休みがないくらい激務だったりと、保育士以外への転職や退職などを考えている方も多くいます。

しかし、それでも保育士は、小さい子どもと接することができる仕事ですし、保育士を続けている人は

保育士にやりがいを感じていたり、なるべく保育士をやめないで、今よりもいい職場に付きたいと思っている

他の業種に転職するのでなくこんなふうに思って転職を考えている人も多いです。

保育士というのは、子供の成長を身近で感じることができる、素晴らしい職業です。

もし、どうしても今の保育園に不満があるので、あれば、保育士を辞めるのではなく、違う保育園に転職をしてみてはどうですか?

少し前までは、転職となるとハローワークや地域の求人広告しかありませんでしたが、今では保育士専門の転職・求人サイトがたくさんあります。

このような保育士に特化した転職サイトでは、保育士の転職に詳しいアドバイザー(転職エージェント)がいるので、何もしらない人が対応するハローワークなどに通って転職するよりも、安心して転職をすることができます。

それに、転職エージェントの方は、保育士の転職に必要なスキルや、面接対策なども細かく教えてくれます。

また、ハローワークは基本的には土日は行っていませんが、転職エージェントがいる転職・求人サイトであれば、いつでも相談することが可能です。

転職で成功するポイントは、「1人で転職活動をしない」ことです。

是非このサイトを活用していただき、今よりも良い保育園に転職することを願っております。

では、たくさんある保育士専門の転職・求人サイト中でも、口コミや評判、優秀な転職エージェントがいる保育士専門の転職・求人サイトを紹介します。

保育士専門の転職・求人サイト人気ランキング

icon-rank-tk02_m01保育ひろば

最大2万円のお祝い金が貰えて全国4万件以上の求人数

保育ひろばの1番の特長は、保育士ひろばでは、転職が決まった場合、最大で2万円のお祝い金が貰える制度があるところです。

保育士専門の転職・求人サイトはたくさんありますが、お祝い金が貰えるサービスは多くはありません。

転職活動を手伝いしてくれる上に、お祝い金も貰えるなんて、転職する人にとっては、メリットしかありませんよね!

また、保育ひろばは転職サイトではよくある”地域限定”の転職・求人サイトではなく”全国対応”の保育士専門の転職・求人サイトです。

これは、地方で転職を考えている方にとっては、大きなポイントの1つだと思います。

もちろん、転職アドバイザーに何度相談しても、一切お金がかかることはないので、気になることはなんでも聞くことができます

全国対応の保育士専門の転職・求人サイトでは、トップクラスの好条件の求人が多数ある保育ひろば。

地方で保育士への転職を考えているのであれば、登録しておいて損はないおすすめの転職・求人サイトです。

 保育士ひろばの詳細・登録はこちら

icon-rank-tk02_m02スマイルSUPPORT保育

「スマイルSUPPORT保育」 保育士・幼稚園教諭のお仕事紹介

高待遇の非公開案件が国内最大級!

スマイルSUPPORT保育は、数多くの保育園、老人ホームを運営する医療・介護・福祉を幅広く提供する母体の「長谷川ホールディングス株式会社」が運営している保育士専門の転職・求人サイトになります。

上記の保育ひろばと同じく、全国に対応している数少ない保育士求人の一つですが、今までは首都圏を中心とした1都6県の求人に力をいれていたので、保育ひろばほど、全国的にそこまで求人数があるわけではありません。

ただし、スマイルSUPPORT保育の利用者満足度は96.7%と高い満足度が、あることから、活用すればしっかりと期待に答えてくれる転職・求人サイトだと言えそうです。

職業も紹介予定派遣、派遣、新卒・第二新卒紹介すべてをサポートしています。

スマイルSUPPORT保育にしかない、求人も多数あるので、地方の方も登録して置いて損はないですよ。

 スマイルSUPPORT保育の詳細・登録はこちら

icon-rank-tk02_m03マイナビ保育士

マイナビ保育士

年間200万人以上の就業希望者が利用するマイナビグループの1つ!

マイナビ保育士は、主に東京、神奈川、埼玉、千葉エリアを中心に展開している、保育士専門の転職・求人サイトです。

マイナビ保育士の1番の特長としては、40年近くにわたって人材関連のビジネスを行なって来たマイナビグループの1つだということです

これだけ長い間、人材関連のビジネスを行って成功している会社は、そこまで多くありません。

ということは、転職に関する情報収集に関してはトップクラスだといっても過言ではありません。

もちろん、保育士専門のキャリアコンサルタント(転職エージェント)もいるので、普段忙しくても安心して転職活動をすることができます。

そのほかにも、マイナビ保育士は定期的に、全国各地で東京で働きたい方へ向けてのお仕事相談会なども実地しています。

上記のエリアにいて転職を考えている方もですが、地方から東京などへ保育士の転職を考えている方も、登録だけでもしておきたいサイトの1つです。

 マイナビ保育士ほ詳細・登録はこちら

icon-rank-tk02_m04保育士バンク

求人数は最大級となる5万件以上を掲載!独占求人も多数あり!

保育士バンクは、厚生労働大臣認可の保育士専門転職サービスで、北海道から沖縄までの全国に対応をしている保育士専門の転職・求人サイトです。

求人数も、全国に対応していて、国内では最大級の5万件以上の求人を掲載しています。

保育バンク専用のアプリもあるので、気軽に求人を探すことができます。

それに、独占求人の非公開案件が多数あり、保育バンクでしかない好条件の案件も多数あります!

保育バンクでは、ブランクがある方にも、キャリアコンサルタントが優しく、しっかりとサポートしてくれるので、保育士に復帰を考えている方にもおすすめのサイトとなっています。

 保育バンクの詳細・登録はこちら

icon-rank-tk02_m05ほいく畑

地域密着型の求人が3,000件以上!

ほいく畑は、福祉に特化した人材サービス・教育事業を行ってきた「株式会社ニッソーネット」が運営する保育士専門の転職・求人サイトです。

ほいく畑はそこまで求人数は多くはありませんが、地域密着型で、全国に21ヶ所の拠点があり、3,000件以上の案件が掲載されています。

また、ほいく畑の最大の特長は無料登録をしただけで、保育のスキルアップセミナーを無料で受講することが可能なことです。

それ以外にも、就業前はもちろんのこと、就業後のサポートもしっかりとしているので、もし働き出してからでも、不安があればいつでも臨機応変に対応をしてくれます。

それに、平日や日中、忙しい人のためにも、夜間・土日などもサポートしてくれるので、安心して相談することができます。

 ほいく畑の詳細・登録はこちら

保育士をやめたい人が多い理由

保育士を辞めてしまう理由は人それぞれですが、

  • 結婚を期に寿退社をした
  • 保育士同士の人間関係や保護者と上手くいかない
  • 他の職種に比べて給料が安い(勤務時間が長い)
  • 責任や事故などの不安がある
  • 土曜日出勤や休日出勤がある
  • 早番・遅番がある
  • 徐々に体力がなくなってついていけない
  • 仕事と家庭の両立
  • 身心ともに精一杯になってしまう

などが理由で辞めていく方が多いです。

これらの中でも特に理由として多かったのは

  • 保育士同士の人間関係や保護者と上手くいかない
  • 他の職種に比べて給料が安い(勤務時間が長い)
  • 責任や事故などの不安がある

という3つの理由で辞めてしまう人が、多いです。

実際にあなたもこの中のどれかが、理由で辞めたいと思っているのではないでしょうか?

保育士同士の人間関係や保護者と上手くいかない

122

実際に他の保育園へ転職をしたいと思っている理由ですが、ある転職サイトの統計によると

人間関係に疲れるが80%

にも及ぶそうです。内訳としては

  • 先輩の人格など 27%
  • いじめ 悪口 23%
  • 仕事や責任 18%
  • 先生同士の中が悪い 12%

このようになっています。

女性の職場らしい結果ですよね。

上記の結果をみても、

”保育士の仕事の内容が悪いから、違う保育園へ転職したいと思っている方はほとんどいない”

とうことがわかります。

これは保育士だけの職場だけではありませんが、やはり女性が多い職場ですと、人間関係が複雑になる場合があることは仕方がないことです。

それに、保育園では家族経営で行っているケースも多くあります。特に地方などでは。

先生同士は仲がいいけど、家族経営で行っているから、園長や事務の人と保育士があまり仲よくないケース。ありますよね。

実際に私の友達でも、

「すごく子どもが好きだし、保育士という仕事にやりがいは感じていた。

でも、園長のやり方だったり、園長の娘や息子たちとあわなくてやめちゃったの。」

という 他の保育園に転職をした子、そのまま転職先がなくてやめちゃった子などもいました。

人間ですから、保育士に限らず性格が合う合わないというのは生きている以上、どうしてもあることです。

また、保育士の場合は人間関係といっても、職場の同僚だけではなく、子どもの親(保護者)との関係も上手にしていかないといけません。

この保護者との関係が上手くいかなくて辞めてしまって、保育士へ復帰をしない人も多くいます。

今は昔とちがって、そんな大げさな怪我をしていないのに、怪我をしただけで親が大騒ぎして保育園や保健所などに連絡するという保護者もいます。

実際にそれで追い込まれてしまって、保育園を辞めてしまった私も友人もいました。

他の職種に比べて給料が安い(勤務時間が長い)

「子どもが本当に好きでたまらない」

「保育士の仕事は天職」

「絶対に辞めたくない」

と思っている保育士でも、給料などの雇用条件で辞めてしまう人も多くいます。

女性の職場というと、看護師などの仕事も女性の仕事ですが、看護師と保育士の給料では大きな開きがあります。  

給料

全職種に関しても月に5万程度違うので、年間で約60万以上も違います。(あくまでも女性の平均です)

国家公務員などの職種の場合だと、年功序列で徐々に月給自体も上がっていき、年収自体も多くなっていきます。

でも実は保育士の場合は年齢を重ねても、そこまで給料面が変わることはないので、年収自体もそこまで変わりません。(公立の保育士はべつ)

主任やリーダーといった役職に付けば、少しは手当が付く場合がありますが、それも微々たるもので、そこまで期待できるものではありません。

そして勤務時間は、看護師などのように、夜勤をやっている保育園や幼稚園はほとんどありませんが(24時間体制の保育園や夜間保育は別)保育士もシフト制になっていています。

保育園によって様々ですが、

  • 早番
  • 通常
  • 遅番

という感じで3~4交代の保育園が多いです。

基本的に勤務時間は8時間で、保育士は特別勤務時間が長いわけではありません。

ただ、イベントあってそれの準備をしたり、お迎えが遅かったりした場合は、残業をしないといけない場合があります

そこでしっかりと、残業代がつく保育園であれば問題はないですが、ほとんど場合がサービス残業です。

看護師などの詳しい残業代などはわかりませんが、この給料の安さで残業代がでないというのは本当に大変です。

このイベントの準備が一番大変なんですけどね。

これから保育士の転職を考えているのであれば、勤務時間で残業代はどうなのかなどもポイントとして見てみてください

責任や事故などの不安がある

保育士はただ子どもをみているわけではありませんよね?

  • 怪我をさせないようにする
  • 食中毒にならないようにする
  • アレルギーに気をつける

など、とにかく事故などを起こさないようにする。

という責任というか精神的負担も大きく関わってきます。

特に子どもは大人のように、言葉で言ってすぐに言うことを聞くわけではないので、対応がものすごく難しいです。

子どもが勝手転んで怪我をしても保育士のせいにされたり、喧嘩をしてちょっと泣いただけでも怒る保護者などもいます。

そのほかでも”SIDS(乳幼児突然死症候群)”という、寝ている間に原因不明の突然死に襲われる症状などもあるので、保育士は休まる暇がありません。

この責任や事故の予防などに耐えることが出来ずに辞めていく保育士も多いです。

保育士はやりがいがあり自分も成長できる仕事

254251保育士という仕事は、確かに

・子どもを見ながらイベントを考える

・毎日行う行事を考える

・激務である

など、他の職業に比べても給料が安いという面では、マイナスなところも多いです。

しかし、小さい子どもの世話をするということは、誰でもできることでないので、やりがいがありますし、誰にでも誇れる仕事です。

簡単に誰にでもできる仕事ではありません。

一度でも子育てを、経験したことがある人なら誰しも思うことですが、子育てってものすごく大変ですよね?

そんな1人や2人でも大変な子育てを、保育士は何十人という子どもを毎日みています。

それに1~3歳くらいの子どもは、言葉もあまり通じないので、本当に毎日が戦争みたいな職場で保育士の方々は働いています。

でもそれでも働けるのは、

  • 子どもの笑顔
  • 先生と呼ばれる幸せ
  • 運動会やクリスマス会などのイベントをやり遂げたときの達成感。

など他の仕事では味わえない経験をできるからです。

だからこそ給料が安くても、激務でもあっても、保育士をやめないで頑張っている方が多いのです。

また、一番成長するスピードが、早いと言われている時期の子どもと関われるということは、それだけ自分も一緒に成長できるということです。

給料の面などでは、大変な部分が多い保育士ですが、やりがいや子どもとふれあうことができて、自分の成長も感じることができるのであれば、続ける意味はあるのではないでしょうか?

保育士を転職する際に不安に思うこと

これから保育士の転職を考えているかたにとって、

254245

”しっかりと転職できるかどうかが心配”

という人が多いと思います。 特に

  • 面接はどうしたらいい
  • 転職のタイミング
  • 今までの転職回数
  • 保育園の見つけ方
  • 体力がついていけるか心配

などいざ保育士を転職するといっても、このような不安がありますよね。

これは保育士だけではありませんが、今の職場を離れて転職をするということは不安がありますし、誰でも怖いものです。

しかし、新たな場所へ保育士転職を考えているだけでも素晴らしいことですし、今は保育関係の業種自体が人材不足なので、そこまで心配することはありません。

面接と保育園の見つけ方

面接で主に見られるポイントとしては

  • コミニュケーション力
  • 今までの保育士としての経験や実績
  • 社会人としての会話やマナー
  • 職場への対応

などが見られます。

面接でどのようなことが、質問をされるかなどは、育士に特化した転職エージェントや、保育士専門の求人サイトを上手に活用しましょう

保育士専門の求人サイトでは、保育に特化したキャリアコンサルタントが担当についてくれるので、面接での対応などをしっかりとサポートしてくれます。

また転職に必要なセミナーや、説明会なども定期的に行っている、保育士専門の求人サイトトもたくさんあります。

この保育士専門の求人サイトを上手に活用すればそこまで、面接など質問応答などに悩むことはないでしょう。

また、地方などではそこまで保育園などの施設の数もそこまで多くありません。

地方であればハローワークなどの求人でも、ある程度はみつかるかもしれませんが、東京などの大きな都市になると、ハローワークや転職サイトだけでは、把握できていない保育園もたくさんあります

保育士専門の求人サイトであれば、ハローワークなどに載っていない、新しい情報なども教えてくれるので、どの保育園を選んでいいかなども、そこまで迷うことはありません。

他の保育園に転職したら、給料が2万円もアップしたということも実際にはあります

なので、面接やセミナーを受けるだけでなく、いろいろな情報を得るためにも、保育士専門の求人サイトなどを活用してください。

転職のタイミングは?

142369

保育士の転職のタイミングですが、一番は自分のカラダや心と相談することと、家族がいて家庭があるのであれば、家族と相談して決めてください

家族との相談などで考えたうえで、もし、転職を決めたのであれば、できるだけ早いタイミングで、転職をすることをおすすめします。

保育士は子どもと接することが多いですし、何かと体力を使う仕事が多いです。

若い時であれば、そこまで体力は問題はありませんが、年を重ねれば重ねるほど、体力というのはなくなっていきます。

もし、今の時点で転職を考えていて、すぐにでも転職をしたいのであれば、できるだけ早めに他の保育園への転職を考えてみてください。

今までの転職回数

今まで一度も転職を経験したことがない人であれば、特に問題はありませんが、同業種であまりに転職回数が多いと少し、不利になり場合があります

これは保育士に限ったことではありませんが、特に地方だと謙虚にでるケースが多く、転職を繰り返している人には、あまりいいイメージを持たない会社が多いのが現実です。

しかし、転職を何度も経験していても、

  • 転職を経験したことにより自分にとってプラスになったこと
  • 転職でスキルアップできた

などの理由をしっかりしっかりと伝えることができれば、転職の回数が多くても問題ありません。

今まで職を転々としていて、これから保育士の転職を考えている方は、”転職した先で得たスキルや知識などが、保育士という仕事にどう活かすことができるのかということ”を伝えられるようにしてください。

 

転職するならハローワークと転職サイトどっちがいい?

上記のことを考えれば、断然、転職サイトなどを活用したほうがいいですが、他にも様々な転職の方法はあります。例えば

画像1

 

など転職をするための方法はたくさんあります。

この中でもまず活用しようと考えるが「 ハローワークに行く」ことではないでしょうか?

ハローワークのメリット・デメリット

ここで少しハローワークの説明を簡単にしますが、ハローワークとは

  • 職手続き
  • 雇用保険手続き
  • その他サービス

などを提供してくれる、厚生労働省が設置している行政機関のサービスになります。

「職安」なんても言われていて、

基本的にはどこの都道府県にもある

次の職を見つけるためのサービスになっています。

今まで転職を行ったことがある人なら、1度はハローワークに、足を運んだことがある人も少なくないと思います。

ハローワークのメリット

ハローワークのメリットとしては

  • 全国にある
  • 応募資格がゆるい
  • 地方の求人が強い
  • PCやスマホがいらない

などのメリットがあります。

一番のメリットはなんといっても、全国どこにでもあるということではないでしょうか?

256795全国にある

すべての都市にあるとは言い切れませんが、それでも各都道府県にいくつかは必ずあります。

おそらく地方の方などは、あまり転職サービスなどが普及していないので、ハローワークを使うことが多いかもしれません。

応募資格がゆるい

応募資格がゆるいのは、応募する側にしてみたらいいことかもしれません。

でもそれって逆に、ゆるいということは「誰でも応募することができる」ということになり、ブラック企業に捕まってしまう場合もあります。

何かしら過去に問題があったりする人であれば、ハローワークのほうが、応募することができる案件はたくさんあります。

地方の求人が強い

ハローワークは地方には強い求人サービスです。

恐らく地方にいけばいくほど、ハローワークが根強いので、地方の方にはハローワークが一番いいかもしれません。

PCやスマホがいらない

PCやスマホがいじれない人。

インターネットを使うことができない人。

それでもハローワークに行けば応募できるので、高齢やあまり詳しくない人にはいいサービスです。

ハローワークのデメリット

今度はハローワークのデメリットですが、

  • ハローワークにない求人も多い
  • 専門の担当者じゃない
  • 気軽に相談できない

などが挙げられます。

254246ハローワークにない求人も多い

転職でハローワークしか活用をしたことがない人は、

ハローワークだけが求人のすべてだ!

と思っていると思いますが、今はもう古いです。

特に求人の数が多い都心部などでは、ハローワークにない求人もたくさんあります。

むしろ都市部などは、ハローワークになくていい案件もたくさんあるかもしれません。

専門の担当者じゃない

自分が行きたい職種の専門の担当者が、つくということはあまりありません。

ハローワークに努めている人は、あくまでも総合的なことしかわからないので、詳しいことはあまりわかっていません。

なので、保育士に特化した詳しい情報などを、教えてもらえない場合があります。

気軽に相談できない

また近くにハローワークがあって、すぐに通える範囲であれば、気軽に相談することも可能かもしれません。

それでもいつでも気軽に相談できるとは限らないので、しっかりと対応をしてほしい人には少し微妙でしょう。

ハローワーク以外の選択を考える

255456

ハローワークのネットワークが、すでに根強くなっている地方などであれば、ハローワークを活用したほうがいいです。

しかし、都市部に住んでいたり、求人数が多い地域では、ハローワークだけは、難しいです。

ハローワークにはない求人も実はたくさんあります。

それが先ほど紹介した

転職エージェンやの保育士専門求人サイト

など活用すると、最も効率が良くて自分にあった転職先を見つけられるはずです。

転職エージェント?専門求人サイト?

転職エージェントとは、保育士を採用したい企業と、保育士を転職したい人を、つなぐ間に入ってくれる会社のこと言います。

恋愛でいえば、二人を繋いでくれるキューピット的な存在です。

専門の求人サイトは、保育士の求人に特化したサイトになっていて、保育関係以外の情報は基本的にありません。

他の総合的な転職サイトよりも、保育士求人の数や非公開にしている転職先が多くあります。

それに保育セミナーなどを、実地してくれる転職サイトもあるので、ハローワークなどでは、行っていないサービスを行ってくれるのも魅力の一つです。

保育士の転職の専門の方が、保育士の転職に大事な履歴書の書き方や、面接のサポートなど、マンツーマンなって一緒になって、転職サポートをしてくれます。

一人では転職が不安だという方にはおすすめのサービスです。

ただ、デメリットとしては、ハローワークの求人になどに比べて、応募のハードルが上がる場合があります。

やはり専門の求人サイトなので、それなりに給料面や待遇もほかと比べていいところが、たくさんあるのでそれはある程度はしょうがないです。

また担当してくれる人によっては合う合わないということも考えられます。

ただし、これは転職エージェントだけじゃなくて、ハローワークにいった場合も、合わない人が担当することもあるので、転職エージェントだけのデメリットではありません。

失敗しない転職エージェント及び保育士専門求人サイト選び

転職エージェントと、保育士専門求人サイトといってもたくさんあります。

その中でもしっかりと抑えておきたいポイントとしては

  • 自分が転職する地域の求人数ははどれくらいあるか?
  • 自分が転職する地域は求人対応しているのか?
  • 転職した人の満足度はどれくらいか?

これらのポイントをまずは確認してください。

自分が転職する地域の求人数はどれくらいあるか?

254238

求人の数が多ければ多いほど、いいというわけではありませんが、それでもいろいろな求人を比較することができるので、なるべく多く求人数がある求人サイトを選びましょう。

特に保育士の場合は、業種の中でも人で不足なので、転職先によってかなり待遇が違ったという話もよく聞きます。

求人数が多かったり、他のところでは非公開のところなどを教えてくれる求人サイトであれば、自分で選ぶことができる範囲も広がりますので、まずは求人数をみてみましょう。

自分が転職する地域は求人対応しているのか?

いくら保育士専門求人サイトで転職を考えていても、住んでいる地域に求人がなくては、転職しようにも転職をすることができません。

サイトごとに対応している求人は違うので、まずはこれから自分が転職しようと思っている地域に、対応しているかどうかも確認するようにしましょう

また地域に対応していても、 ハローワークのほうが、求人が多かったりする場合が地方にはあります。

また転職エージェント自体も、しっかりと対応できるのかも、確認するようにしてください。

サポートしてくれるつもりだと思っていたのが、全然してくれなかったというパターンも多くあるので。

転職した人の顧客満足度はどれくらい?

実際に転職サイトを使ってみた人の、顧客満足度も見るようにしましょう。

顧客満足度を載せていないサイトもありますが、だからと言ってそのサイトが悪いのかというと、そうではありませんので、あくまでポイントの一つとしてみるようにしてください。

求人サイトは本当にたくさんあるので、その中でも自分にあった転職サイトを選ぶことが大事です。

もし、一つに絞り込めない場合は複数のサイトに登録して比較するという手もありです

Aの転職サイトにはなかったけど、Bの転職サイトには気になるサイトがあるという場合は、両方の転職サイトに登録をして話を聞いてみるといいでしょう。

基本的に保育士専門求人サイトは無料で登録をすることができます。

一切お金がかかることはありません。

自分ならとりあえず、自分の地域に対応している、保育士専門の求人サイトは、登録していきます。

ただし、人によっては、あまり多く登録してしまうと、どこの転職サイトだかわからなくなってしまったり、やりとりが面倒くさくなってしまうこともあります。

自分で対応できる範囲で登録してください。

当然一つだけの求人サイトに絞っても問題ありません。

では最後に、転職サイトに関する気になる疑問です。

気になる疑問

Yさん
登録などにお金はかかりますか?
Eさん
基本的に登録から仕事の紹介、入社が決まるまで費用はかかりません。しかし、面接にいったりする交通費などは自己負担になりますが、サイトのサービスを使っていての費用は一切かかりません。
Yさん
担当の方の変更は可能ですか?
Eさん
はい。基本的には可能です。 ただし、求人サイトによっては担当者の数が少なくて待たされてしまう場合もあるので、すぐに変更できるかどうかは、登録時に相談してみてください。 
Yさん
転職回数は関係しますか?
 
Eさん
転職回数に特に決まりはありませんが、多くても5回くらいまでが目安です。転職回数はすくないことにこしたことはありませんが、すべてがデメリットになるかというと、答え方次第です。もし、今まで転職回数が多いのであればそれをマイナス面としてい話すのではなく、転職したことによって得られたことをしっかりと話すようにしてください。
 

不満があるなら転職すべし!!

何も不満がないのであれば、今の職場でもいいでしょう。

しかし、転職をすることで、より良い条件の職場を見つけられるかもしれません。

きっとほどんど人は満足していないのでは?

転職を繰り返しすぎるのは、確かにあまりよくありません。

だからといって、嫌な職場でずっと働くということが、いいかというとそうではありません。

転職を悩んでいる人。

この機会に、一度視野を広げて自分にあった職場を見つけてみませんか?

きっとあなたにあった職場がみつかりますよ!!

 保育専門の転職・求人サイトのランキングを見てみる